【2022年最新】車のサブスク比較 | おすすめ人気ランキング

車サブスクおすすめランキング

目的・条件別のおすすめの車のサブスクサービス!選び方や注意点を解説

「車のサブスク比較」は、条件や目的別におすすめの車のサブスクやカーリースの人気サービスを比較・解説しているサイトです。

料金プランやサービス内容、契約方法などが複雑でわかりにくい車のサブスクについて、初めて車のサブスクやカーリースを利用する方や車に詳しくない方にも分かりやすく解説しています。

また、お得なキャンペーン情報や最新情報も発信しているため、自分のライフスタイルに合った車のサブスク・カーリースのサービスを選びたいという方は参考にしてみてください。

【今すぐおすすめだけ知りたい人のための早見リスト】

  1. KINTO:トヨタ自動車が提供する新しい車の乗り方!安心のTOYOTAの車に月々14,000円〜利用可能!充実したサポートで2022年総合ランキング1位です。
  2. おトクにマイカー定額カルモくん:7年以上の長期契約なら「もらえるオプション」で契約満了後に車がもらえる!月額費用は抑えてマイカーが欲しい方におすすめ!
  3. リースナブル:月額6,600円〜車に乗れる!キャンペーン実施も多いのでこまめに公式サイトをチェック!
  4. ニコノリ:業界最安の月額5,500円〜のプランが人気!全国対応なので47都道府県どちらにお住まいでも利用可能です。
  5. カーコンカーリースもろコミ:「もらえるプラン」なら契約満了後に、そのまま車がもらえる!8メーカー、160台以上の豊富な車種の中から好きな車を選べます。

車のサブスクおすすめ人気ランキング【2022年10月最新】

まずは当サイトで人気の車のサブスクサービスをランキング形式でご紹介します。

【1位】KINTO(キント)

【公式サイト】https://kinto-jp.com/

初期費用最低月額料金契約期間
0円14,630円~3年・5年・7年

KINTO(キント)は、トヨタ自動車が提供する車のサブスクサービスです。トヨタの新車を月額定額料金で利用することができます。

ヤリスやパッソ、ノアなどトヨタの人気車種を選択できます。またコンパクトカーやファミリーカーだけではなく、レクサスなどの高級車にも乗ることができる点が魅力です。

2022年7月からは中古車のサブスクサービス「KINTO ONE」を開始。車サブスクの新しい形として、お得な価格で多様なニーズに応えるサービスを展開しています。

【2位】おトクにマイカー 定額カルモくん

定額カルモくん公式サイト

【公式サイト】https://carmo-kun.jp/

初期費用最低月額料金契約期間
0円11,220円~1年~11年

おトクにマイカー定額カルモくんは、ナイル株式会社が提供する車サブスクサービスです。 車のサブスクは契約期間が終わると、車を返却するのが一般的です。しかし、定額カルモくんは契約満了後に車が貰える点が特徴です。

契約金は1年から11年まで年単位で選べるので、短期でも長期での利用にもおすすめです。

また、定額カルモくんは自動車メーカーではないので、複数のメーカーの車から好きな車種を選ぶことができます。

【3位】リースナブル

リースナブル公式サイト

【公式サイト】https://leasonable.com/

初期費用最低月額料金契約期間
0円6,600円〜3年・5年

リースナブルは、株式会社三和サービスが展開する車サブスクサービスです。頭金や車検、自動車税が0円で月額6,600円〜という価格で新車が利用できます。

取り扱い車種も豊富なため、トヨタやホンダ、日産、マツダなど人気ブランドからお好きな車種を選択できます。

【4位】ニコノリ

ニコノリ公式サイト

【公式サイト】https://www.niconori.jp/

初期費用最低月額料金契約期間
0円5,500円~1年~9年

ニコノリは株式会社MICが提供する車のサブスクサービスです。新車カーリース、中古車カーリース、短期カーリース選ぶことができます。また契約期間も1年から9年まで、年単位で契約することができるため、ご自身のカーライフに合った利用ができます。

コンパクトカーやファミリカーを中心に展開しており、車検や自動車税の手続きもサポートしてくれるため、車のことは詳しくないが、安全に車を利用したい女性におすすめです。

【5位】カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースモロコミ公式サイト

【公式サイト】https://morokomi.carcon.co.jp/

初期費用最低月額料金契約期間
0円8,000円〜7年・9年

カーコンカーリースもろコミは、カーコンビニ倶楽部株式会社が提供している車サブスクサービスです。車検代や税金、メンテナンス込みで月額8,000円〜新車が利用できます。さらに残価設計がないため、契約満了後に車が貰えるのが特徴です。

ダイハツのミライースやアルトなどは月額8,000円から利用できるので、軽自動車を安く利用したい方におすすめです。

もちろん、トヨタやホンダ、日産などの人気車種も取り扱っているため、利用することができます。

車のサブスクおすすめサービス比較一覧

主要な車のサブスクを表にして比較してみました。

車のサブスクとは?

車のサブスクとは、月々定額料金で新車を利用できるサービスのことです。

多くの車のサブスクサービスでは頭金が0円で、車検費用や自動車税、メンテナンス費も月額料金に含まれていることが多いため、初期費用や月額の費用を抑えて新車を利用したいという方におすすめのサービスです。

車のサブスクは、「車が欲しいけどまとまったお金が用意できない」「初期費用やリスクを抑えて新車に乗りたい」という現代人のニーズに応えた新しい車の乗り方として注目されています。

車のサブスクを利用するメリット・デメリット

現代人のライフスタイルには車のサブスクはメリットが多いです。しかし、車のサブスクには利用前に知っておきたい懸念点もあります。

そこで、車のサブスクのメリットとデメリットについてご紹介します。車のサブスクを利用するかどうかの基準になれば幸いです。

車のサブスクを利用するメリット

  • 頭金や諸経費など初期費用0円で利用できる
  • 手頃な月額料金で新車に乗れる
  • 車種やメーカーを自由に選ぶことができる
  • ネットから契約や審査の手続きが完結する
  • 月額料金は経費として計上できる

頭金や諸経費など初期費用0円で利用できる

新車を購入するときには契約時に頭金や手数料などの初期費用がかかります。

しかし、車のサブスクは頭金が0円のリース会社が多く、初期費用がかかりません。

初期費用が0円のため、契約時にまとまったお金が用意できないという方も、新車に乗りやすくなっています。

手頃な月額料金で新車に乗れる

車のサブスクサービスは、安いところで月額5,000円〜30,000円前後で新車が利用できます。

また車検費用や税金など車の所有に必要な費用を全て含んだ料金設定のため、追加料金などがかからず分かりやすい料金形態なのもメリットです。

車種やメーカーを自由に選ぶことができる

車のサブスクでは、新車同様に好きな車種やメーカーを選ぶことができます。

レンタカーやカーリースよりも選択できる種類が豊富なことが多いです。

ネットから契約や審査の手続きが完結する

車のサブスクは、自宅にいながら審査の申し込みや契約の手続きを行うことができます。

実店舗に訪問する必要がないため、忙しい方も簡単に利用を開始できます。

月額料金は経費として計上できる

法人や個人事業主の方は、車のサブスクの利用料金は経費として処理することができます。

個人事業主の方で、車の利用を考えている方は、車サブスクを利用することで節税効果が期待できます。

【関連記事】個人事業主が車のサブスクを経費計上するメリットは?条件や注意点

車のサブスクを利用するデメリット

  • 走行距離制限が設定されている
  • 途中解約する場合は違約金が発生する
  • 契約期間によっては購入のほうがお得になる
  • 契約終了後に車を買い取ることができない
  • 残価設定による残価精算のリスクがある

走行距離制限が設定されている

多くの車のサブスクサービスでは、走行距離制限が設けられています。

制限距離よりも走行距離が上回る場合には、追加料金がかかる場合があるので契約時に確認が必要です。

しかし、走行距離制限はデメリットだけではなく、車サブスクをお得に利用できるというメリットもあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】車のサブスクの走行距離制限とは?メリットや注意点を解説

途中解約する場合は違約金が発生する

車のサブスクは基本的に途中解約ができません。契約時に決めた契約期間が終わるまでは利用することが前提です。

そのため、結婚や転職、引っ越しなどライフスタイルが大きく可能性がある場合には、契約期間やプランを選ぶ際に注意しましょう。

【関連記事】車のサブスクは途中解約できない?解約できる条件や手順を解説

契約期間によっては購入のほうがお得になる

契約終了後に車を買い取ることができない

車のサブスクは、契約満了後に車が貰えるプランがある一部のサービスを除いては、車を返却します。そのため、サブスク利用期間中に車を買い取りたいと思っても買い取ることはできません。

残価設定による残価精算のリスクがある

残価は保証されていないので、契約時に設定した残価よりも契約満了時の査定額が低い場合は、差額分を精算しなければいけません。

残価精算のリスクは契約時の契約方式の選び方によって未然に防ぐことができます。

車のサブスクやカーリースには「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類の契約方式があります。

契約方式がオープンエンド方式の場合は、契約時に設定した車の返却時の価値(残価)と、返却時の実際の市場価値を加味した車の価値に差額が生じた場合に精算が必要になります。

一方でクローズエンド方式の場合は、あらかじめ契約満了時の車両価値は設定しますが、返却時の市場価値を加味した追加精算は行わないため、残価精算は必要ありません。

車のサブスクの基本的な選び方

多くの車のサブスクサービスがありますが、どのようにサービスを選べばいいのでしょうか?車のサブスクサービスを選ぶ際の基準をお伝えします。このランキングでは、次のような項目で各社のサブスクサービスを評価しました。車のサブスクを選ぶ際に参考にしてみてください。

  • 乗りたい車種やメーカーの車があるか
  • ライフスタイルや用途に合ったプランであるか
  • 月額料金やその他の維持費は予算内であるか
  • メンテナンスやアフターサポートが充実しているか

乗りたい車種やメーカーの車があるか

車のサブスクは会社によっては借りることのできる車種やメーカーは異なります。

TOYOTAのKINTOのような自動車メーカーが提供している車のサブスクサービスの場合は、対象の車種はサービスを提供している自動車メーカーの車のみです。

しかし、多くの車のサブスクやカーリースでは、複数のメーカーや外車や軽自動車など豊富な車種の中から好きな車を選ぶことができます。

メーカーや車種にこだわりがある場合は、乗りたい車の取り扱いがあるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

車種やメーカーにこだわりがなければ、ライフスタイルに合ったプランや月額料金を中心にチェックするのがおすすめです。

ライフスタイルや用途に合ったプランであるか

毎日の仕事用に使用するのか、土日など休日だけ使用するのかによって、走行距離や利用内容は異ります。

車のサブスクのサービス内容や契約年数など特徴は異なるため、ライフスタイルや用途に合ったプランがあるのかをチェックすることは大切です。

サブスク契約期間中に結婚や出産、転勤などのライフスタイルの変化が考えられる場合には、契約年数が短いプランが用意されているサービスを選ぶといいでしょう。

一般的にはサブスクの契約期間が長ければ長いほど月額料金は安くなりますが、途中解約をしてしまうと追加料金が発生してしまいますので、あくまで総合的な料金から判断することがおすすめです。

また、ほとんどのサービスが日本全国で利用できますが、エリアが限られているサービスもあるため、お住まいのエリアが利用可能エリアかどうかも確認しておきましょう。

月額料金やその他の維持費は予算内であるか

車のサブスクは毎月料金が発生しますので、普段の生活を圧迫しない予算で選ぶことが大切です。

しかし、月額料金の安さだけで選んでしまうと、ボーナス払いなどを採用している契約プランであることも多いため、月によって高額な月額料金が発生してしまうこともあります。

そのため、車のサブスクを利用する前には総合の予算感を算出して、無理のない予算で利用できるサービスを利用しましょう。

メンテナンスやアフターサポートが充実しているか

車のサブスクを利用するときは、月額料金以外にも定期的なメンテナンスをする必要があります。

契約して終わりではなく、もしものときに備えた保険や故障やトラブルに対するメンテンスやアフターサポートが揃っているかどうかは、車のサブスクを選ぶうえでチェックしておきたいポイントです。

車のサブスクと「カーリース」「カーシェアリング」「レンタカー」の違い

車のサブスクと似たサービスにカーリースやカーシェア、レンタカーがあります。これらのサービスは車を借りることができるという点は同じです。

しかし、それぞれのサービスには契約期間やサービス内容に明確な違いがあります。

それぞれのサービスには、どのような違いがあるのでしょうか?

サービス名契約期間特徴
車のサブスク・カーリース3年〜5年程度車を中長期的に借りる
カーシェアリング数日〜車を複数人で共同利用する
レンタカー数時間〜数日車を一時的に借りる

車のサブスクとカーリースは同じサービス

車のサブスクとカーリースは名前は違いますが、月額や決まった金額で車を借りることができるという同じサービスです。

しかし、車のサブスクとカーリースは契約期間に違いがあります。一般的に車のサブスクよりカーリースのほうが最低契約期間が長いことが多いです。

契約期間も一般的に3〜5年程度と長期的に車を借りたい方に向いています。中には短期プランがある会社もあるため、1ヶ月や3ヶ月など短期での利用も可能です。

車のサブスクとカーリースはサービス内容は同じですが、契約期間や料金プランは各メーカによって違いがあるため、利用期間や頻度を検討した上でサービスを選択する必要があります。

カーシェアリングは車を共同で利用するサービス

カーシェアリングは、車のサブスクとは全く異なったサービスです。カーシェアは、車を自分一人で所有するのではなく複数人で共同で利用するサービスのことです。

車のサブスクとの違いは、複数人で共同利用するという点です。車のサブスクやカーリースは契約期間中は借りている車は契約者のみが利用します。

しかし、カーシェアでは複数人で車を共同で利用します。サービスの会員になると予約をすることで、いつでも好きな時間、場所で車を利用することができます。

車は街中のあらゆるところに設置されたカーステーションに駐車されており、会員同士で共同で利用します。

カーシェアは利用後は元の場所に戻すことで利用が完了します。定期的に車を利用するが、頻度は低いという方におすすめのサービスです。

レンタカーは数時間から数日の貸出サービス

レンタカーは短期や長期など定期的な利用ではなく、数時間〜数日という単発で車を借りることができるサービスです。

最新記事

タイトルとURLをコピーしました