車のサブスクのリース車はペットも一緒に利用できる?注意点も解説

1日〜数日単位で車を借りることのできるレンタカーの車両は、愛犬などのペットの同乗が禁止、または制限がある場合が多いです。

そのため、レンタカーと同じく車を借りるサービスである車のサブスク・カーリースを利用するにあたって、ペットの同乗が可能であるか気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では車のサブスク・カーリースの車両でペットの同乗ができるかどうかや、ペットを同乗させるときに注意しておきたいポイントについて解説します。

車のサブスク・リース車両にはペットを乗せられる?

車のサブスク・リース車両にペットの愛犬を乗せたい人も多いと思います。

果たして、車のサブスク・リース車両では、ペットの愛犬を乗せられるのでしょうか?詳しく解説します。

ペットの同乗が禁止されているリース会社は少ない

車のサブスク、カーリースのペット事情に関して解説していきます。

ほとんどすべての車のサブスクやカーリースサービスでは、ペット同乗に関しての制約はありません。そのため、車のサブスク・リース車両では、ペットと一緒にお出かけができます。

しかし、一部サービスにおいては、基本的にペット同乗を禁止しているところも見受けられます。ペットに関しての規定は会社によって異なってくるため確認することが必要です。

ペットの同乗は条件や制限付きでOKな場合もある

車のサブスク・リースの車両のペットの同乗は、条件や制限付きでOKな場合もあります。

しかし、一部サービスの契約内容においては、契約満了時に車両を返却しなければならないことを覚えておかなければいけません。

返却時の想定査定額と比較して低くなってしまうことが理由です。具体的に言えば、染み付いたペットの臭いまたは汚れがかなりついてしまった場合などです。

どの程度なのかの判断に関しては、会社によって異なってきますので気をつける必要があります。

対策方法ですが、例えば、ゲージを利用したり、汚れ防止シートなどを活用することで対策ができます。

契約終了時に精算が必要になることがある

カーリースの車にペットを同乗させたケースでは、返却時に原状回復費用が掛かるケースがあります。

契約者は車を返却する前に車内の傷または汚れが見られる場合、クリーニングや傷付いたパーツの交換などを行い、原状回復をする必要があります。

ちなみに、原状回復費用に関しては、契約者の負担になりますが、リース会社によって、月額料金に原状回復費用補償が含まれることもあります。

残価を据え置くカーリースの場合、契約満了時に残価との差額を求められるケースがあります。

禁止されている場合は違約金が発生する

ペットの搭乗が禁止されている場合は違約金が発生する場合があります。そのため、ルールを厳守して、禁止されているときには、隠れてペットを乗せないようにしましょう。

車のサブスク・リースを契約する前に、ペットを乗せる可能性がある場合は、車のサブスク・リースを契約する前にペットを同乗させても良いかどうかや、違約金が掛かるかどうかなどを事前に確認しておきましょう。

車のサブスク・リース車両にペットを乗せるときの注意点

車のサブスク・リース車両でも、ペットを乗せる際には注意したいポイントがあります。

車内を汚さないためや、事故防止の観点からペットを乗せるときの注意点、ペットを乗せるときに心掛けたいことをご紹介します。

ペット用のゲージを使用する

車内の傷や汚れ防止、飛び出しや、事故防止など安全面において、ペットが大人しく過ごすことができるケージに入れておくと安心できるでしょう。

ペットが運転中に車の中で動き回ると危険です。ケージなどに入れておけないときは、ドライブ用のハーネスを利用することをおすすめします。

ペットとドライブをする場合は、ペット用のドライブシート等と呼ばれる「汚れよけ」を座席に準備しておくと安心です。

防水効果があるドライブシートを利用すると、泥汚れ等が座面に染み渡るのを防ぐことができます。

ペット用のドライブボックスもおすすめです。ドライブボックスというのは、文字通り箱型のケースです。

上蓋を開閉することが可能なタイプの場合は、常日頃は上蓋を開けて利用して、大人しくできない場合は蓋を閉めるというような使い方ができます。

車内はこまめに清掃を行う

犬車に乗せると、ケージに入れていたとしても車内に毛が落ちたり、シートに動物の匂いが付いたりしてしまいます。ペットの形跡は、いつも動物と過ごしている方にとっては大したことでなくても、ペットを飼っていない人からしてみると気になることもあります。

カーリースにおいては、いずれは車を返却するので、ペットを車に乗せる毎に毛を拭い去ったり、消臭スプレーをかけたりして、たびたび車内をクリーニングすることが求められます。

ちなみに、車に乗せる前にペットをきれいに洗っておくことによって、車に付く汚れであったり匂いを減らせます。

車内清掃においては、掃除機やクロス、クリーナーなどがあると実用的です。車内清掃専用のアイテムはたくさん販売されているため、ごく一般的な汚れであるのなら、自分で綺麗に掃除できます。

ペットの車酔い対策を行う

ペットの健康面への弊害にも気を付けましょう。車に乗っている間に、愛犬が吠え出す、ソワソワする、落ち着きがないといった状態は、車酔いの初期症状である可能性もあります。

車酔いになると嘔吐や下痢で車内が汚れるリスクがあります。犬がかぎ取る緊張、または不安というような感情が行動に現れ始めたら、車酔いのサインと考えて良いでしょう。

車酔いの症状に対して、安静を保つ等々の対処をしても、症状が回復しない場合は、医師に相談することをおすすめします。

ペットを車内に残して車を離れない

買い物に行くだけのちょっとした時間だからといって、ペットなどを残した状態で車を離れるのはやめましょう。その少しの時間でも、キーを車内に置いたままの状態はリスクがあります。

キーを残したままにしておくと、ペットが何かしらの拍子にドアをロックしてしまって、キーと共に室内に閉じ込められてしまうリスクが考えられます。

ペットがシフトレバーを動かしてしまって、車がひとりでに動き出すというような事態に発展したケースも存在します。

そのため、ドライバーまたは同乗者だけに限らず、大切なペットを守るために、事故がないように細心の注意を払って、ペットとの車ライフを楽しみましょう。

車のサブスク・リースではペット同乗の条件について事前に確認しておこう

今回は車のサブスク・リースの車両は、ペットも同乗できるのかどうかということについて解説いたしました。

車のリース・サブスクに関しては、ペット(犬)と一緒にお出かけができます。車のリース・サブスクはレンタカーと違い、ほとんどの会社でペットと同乗に関しての制約がありません。

しかし、一部のサービスにおいては、ペット同乗を禁止しているところもあるため、ペットと利用したい場合には、契約前に必ずチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました